2012年 新年挨拶
昨年はワークライフバランス、MSSセミナー等生活と仕事を楽しみながらやりましょうとセミナーの場を作りました。
更に2012年は自らやるという強い意思が生まれ実行していく人間つくりに力を入れたいと思います。

成長する人と、そうでない人は何が違うのか?
成長する為のカギである「経験から学ぶ力」について述べたいと思います。
システムフロアJEF 施工工程
内省とは自分自身の言動や考えを深くかえりみること。

成長で不可欠なのが次の3つの力である。
1、挑戦的で新規性のある課題に取り組む姿勢
この力を高めるには、まず下積み経験によって挑戦のための土台を作り、目の前の仕事をしっかりこなして周囲の信頼を得て、挑戦のチャンスをつかむ。
そして出来ることをテコに挑戦して、少しづつ苦手なことを克服する。
2、そして行為後のふりかえり
行為中の振り返りとは、考えながら行動を起こす事。こうして考えながら行なった仕事を後で振り返ることによって、貴重な教訓を得ることが出来る。
行為後の振り返りでは他者からの批判を取り組み、自分の行動の修正に生かす事が大切である。
3、仕事にやりがいや意義を見つける姿勢
この力を高めるポイントは、仕事に集中する中で、面白さの兆候を見逃さないことである。
腹をくくって今の仕事に集中するとき、後から喜びが訪れる。
以上経験から学ぶ力の3要素を身につけ、高いレベルで持続させていくための原動力として次の2つがある。
1、思い
自分のことを大事にすると同時に、他者のことを大切にしながら仕事をしたいという思い。
2、つながり
自分の成長を後押ししてくれる、他者との良い関係。
トップポイントの「経験学習入門」より抜粋した言葉です。

自分の成長とは自ら行なうことであって他人から言われてするのでは天と地の差があります。
その成長度合いにより1年後3年後5年後10年後の人間力の開きが明らかに見えてきます。
事業部の計画・目標の内容、達成度合い、部下または同僚からの信頼はすべて善を考えながら成長することのみです。
2012年は成長する人を1人でも多く作ることを私の課題にしたいと思います。
代表取締役 浜谷 和英
ページトップへ戻る
HOME業務案内最新情報会社案内品質マニュアルお問合せサイトマップ
»個人情報のお取扱いについて    »特定商取引法に基づく表記   »このサイトについて
Copyright (C) AIWA CO., Ltd. all Rights Reserved.