衝撃・磨耗に強い
システムフロアJEFは、衝撃に強い上、
曲げ強度や耐摩耗性に優れています。
耐衝撃性試験 1Kgの鉄球を1mの高さから落下
試供体 結果
1:2モルタル 6回で破壊
コンクリート 9回でひび割れ・12回で破壊
JEF-MR3 50回で異常なし
JEF-MM5 100回で異常なし
衝撃・磨耗に強い
システムフロアJEFは、熱膨張率がコンクリート同様に 低く剥離・クラックが起き難くなっています。
熱膨張率X10-5  /℃
普通コンクリート 0.58〜1.5
軽量コンクリート 0.7〜1.5
気泡コンクリート 0.7〜1.4
JEFフロア下地補修材 0.6〜1.5
JEFフロア仕上材 1.8〜2.3
エポキシ樹脂 6.0〜8.0
ウレタン樹脂 6.0〜7.0
システムフロアJEF 特徴
1.湿潤麺施工が可能です。
  床面に水分が接触している場合でも施工できます。

2.短時間施工が可能です。
  就業から翌日の始業迄の時間で施工できます。

3.低温施工が可能です。
  冷凍・冷蔵庫等、−30℃程度まで施工できます。
4.耐薬品性・耐油性に優れています。
  水溶液、漂白殺菌剤、無機酸、有機酸、動植物油、
  石油系物質、有機溶剤等多くの薬品に対して極めて
  高い耐セイ性を持ちます。

5.抗菌・防カビ性に優れています。
  50を超える菌に効果を発揮します。

6.耐熱・耐熱水性に優れています。

7.耐衝撃性・耐移動過重に優れています。
システムフロアJEF 断面
システムフロア JEFは、湿潤面に強力な接着力を有する特殊プライマーと、硬化時間が短い特殊モルタルを使用 しています。
湿潤状態のコンクリートの上でも施工後約1時間程度で硬化し短時間での施工が可能です。
システムフロアJEF 施工工程
トップコート(表面・塗布2回)

ベース塗設(流し延べ工法)

プライマー塗布

存続コンクリート床面

<兵庫県漁連水産加工センターの作業工程>

システムフロアJEF 施工工程画像1 システムフロアJEF 施工工程画像2
完全養生し、特殊機械で切削し、隅は手斫りにて旧床材の除去をします。 1.プライマー塗布
コンクリートとMMA樹脂との接着剤です。
システムフロアJEF 施工工程画像4 システムフロアJEF 施工工程画像3
3.4.トップコート(塗布2回)
1回目→ノンスリップ材を撒きます。
2回目→はがれ難いように再度上から塗布します。
平滑仕様も出来ます。
2.ベース塗設
ベース材(樹脂モルタル)の流し延べ工法(コテ仕上げ)の様子。
システムフロアJEF 施工工程画像5
わずか1日で完成。
耐薬品性・耐油性に優れ、抗菌・防カビ性にも優れています。
以下のようなことでお困りはないですか?
1.酸性やアルカリ性のものを使用する為、床がすぐぼろぼろになってしまう。
2.熱水を流すのですぐに床が膨れてしまう。
3.釜やフライヤーを使っているので回りが熱ではがれてしまう。
4.毎日就業後は温水で洗浄するが、すぐにカビが生えてしまう。
5.台車や不フォークリフトが通るところがすぐに傷みはがれてしまう。
6.床が滑って困る。
7.改修したいが、工場を休むことができない。
8.改修したいが、床が濡れていて、業者に無理だといわれた。
主なものを列記しましたが、特に、改修できずに困っている要因は7、8に当てはまるようです。
システムフロアーJFEはこの点に着目し、作業終了後から翌朝始業時間までの間に、
又、水分を含んでいる状態の床であっても改修、補修することが出来る特殊なシステム工法です。
お問い合わせ・お見積り
ページトップへ戻る
HOME業務案内最新情報会社案内品質マニュアルお問合せサイトマップ
»個人情報のお取扱いについて    »特定商取引法に基づく表記   »このサイトについて
Copyright (C) AIWA CO., Ltd. all Rights Reserved.